温度差発電の原理

  1. 蒸発器で低沸点の作動流体を温熱源(OTEC=25~30℃の温かい表層水、DTEC=60~200℃の工場排熱)により加熱し、 蒸発させます。
  2. 発生した作動流体蒸気でタービン発電機を駆動し発電します。
  3. タービン駆動後の作動流体蒸気は、凝縮器で冷熱源(OTEC=5~7℃の冷たい深層水、DTEC=10~30℃の河川水・海水・工場用水等)により冷却され液体に戻ります。
  4. 液体となった媒体を再び作動流体ポンプを用いて蒸発器に送りこみます。

温度差発電プラントシミュレータ 『Mini-OTEC』
~温度差発電へ向けたプロモーションおよび教育ツールとして ~


 

 

小型ながら実際のプラントで起こる現象を再現しているため、学校、企業、温泉発電を

検討される方などへ向けた教育ツールとしてご好評いただいております。

ご予算に応じてカスタマイズも可能ですのでご相談ください。

詳細はこちら