ご挨拶

ご挨拶

海には限りない未来への可能性が秘められています。


当社は、この海のエネルギーに注目し、その限りない可能性をもった『海洋温度差発電』の実現とその普及を目指して、いち早く研究開発に取り組んで参りました。 そして今、多くの皆様のご支援に支えられ、まさにその成果が試されるときを迎えています。


海洋温度差発電は、現在沖縄県久米島町において実証運転が継続中でありますが、実用化をに向けた取り組みが加速されてきています。 久米島では海洋深層水の持つ特長(冷温性、清浄性、富栄養性)を活かした海ぶどう・車えびの養殖にも盛んに行われており、日本一のシェアを誇る産業にまでなっています。


当社の技術の中心は、温度差発電システムの設計・施工管理と、同システムを構成する最も重要な機器である熱交換器の製造にあります。 熱交換器は特殊なプレート式で、温度差発電に最も適した高効率で小型の熱交換器を数多くの特許取得をもとに既に自社工場で製作することができ るようになっております。最近では温度差発電の用途に限らず、全溶接で漏れがなく、圧力損失が小さいユニークな熱交換機として、産業分野を中心に利用いただく機会が増えてきています。


また、当社は、海洋温度差発電の開発で培ってきた技術を生かし、省エネルギーの有効な手段になる 工場などから出る排熱や温泉水を利用した発電の提案も行っております。特に当社の技術は、200℃程度以下の領域の、 今までは利用が困難だとして回収・利用されずに棄てられていた排熱をエネルギー源にして発電する事を可能としました。


私たちは、現在、世界で先陣を担っている海洋温度差発電や排熱温度差発電の技術をフルに活かして、実用化・普及を進め、 我が国における地域活性化に寄与することはもとより、日本がエネルギー システムの輸出国となって多くの国々の発展に貢献するための一翼を担って参ります。


代表取締役社長

 

長屋 勝