沿革

1989年3月30日
里見公直が里見産業(株)を創立、伝統技術と最新のFA化技術を融合させた新酒造システム「姫飯(ひめいい)造り®」を開発、製造、販売を開始。
1997年9月
U-TECエネルギー事業部創設。
1997年11月
佐賀大学 理工学部へ専従研究者派遣(上原研究室入学)。
1999年4月
U-TECオフィス佐賀・研究事務所開設。
2000年2月
佐賀大学と国有特許実施契約調印(専用実施権): 海洋温度差発電装置及び温度差発電装置6件(国内、アメリカ、EPC)
2001年1月
東京支店開設。
2001年10月
社名を株式会社ゼネシス(英表記 Xenesys Inc.)に変更。
2002年1月
塩山工場完成(山梨県塩山市:現甲州市)
2002年5月
佐賀大学より世界初総合海洋エネルギー研究センターを受注(約30億円) 実験装置は ウエハラサイクルOTEC基礎実験装置(30kW)/海水淡水化基礎実験装置(10t/日)/水素製造及び貯蔵基礎実験装置/リチウム回収基礎実験装置/海洋深層水環境模擬実験装置から構成され、平成15年3月完成。
2003年6月
醸造用機械等製造及び販売に関する一切の事業をエネルギー事業に専念する為里見産業(株)へ営業譲渡。
2004年3月
ASME(米国機械学会)の製造資格であるU-Stampを取得。
2004年10月
サウジアラビアのリヤドに合弁会社ゼネシス・アラビア社を設立。
2005年1月
ISO9001認証取得(塩山工場)。
2006年3月
ISO9001認証取得(東京支店)。
2007年8月
クウェートに合弁会社ゼネシス・クウェート社を設立。
2007年8月
溶接管理プロセス認証取得(塩山工場)。
2007年11月
温度差発電研究・開発センター、伊万里工場完成(佐賀県伊万里市)。 上記工場完成に伴い、塩山工場は設備移設後閉鎖。
2007年11月
Eco Japan cup 2007において大賞を受賞。
2008年8月
タヒチ(フランス領ポリネシア)に合弁会社ゼネシス・パシフィック・リサーチ&サービス社を設立。
2008年9月
本店を兵庫県明石市から東京都港区に移転。
2010年5月
本店を東京都港区から東京都品川区に移転。
2011年7月
本店を東京都品川区から東京都中央区に移転。
2016年11月
本店を東京都中央区から東京都港区に移転。